ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

ソニーEマウント単焦点レンズSEL50F18をキットレンズと比較してみた

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20170927230716j:plain

先日、ソニーEマウントの単焦点レンズSEL50F18を購入しました。

レンズキットに付属するレンズSEL1650との比較を御覧いただきたいと思います。

 

キットレンズ(SEL1650)

f:id:FZ338i:20170927230822j:plain

  • 焦点距離50mm
  • 絞りF5.6

 

単焦点レンズ(SEL50F18)

f:id:FZ338i:20170927231115j:plain

  • 焦点距離50mm
  • 絞りF1.8

 

 

撮影時の共通の設定

  • ボディ:NEX-5T
  • 絞り優先モードで撮影
  • 時計とカレンダーの距離:約60cm
  • カメラとカレンダーの距離:約80cm

 

SEL50F18のボケっぷりは一目瞭然ですね。

ここまで開放にすると、フォーカスを当てる位置が想定とちょっとずれるだけで意図せずボケてしまうほどシビアです。

慣れるまで少々手こずりました。

きれいなボケを求めるのであれば、間違いなく推奨の一本と言えます。

 

なんでこんな比較をしたのか

実は、このレンズ(SEL50F18)を購入する際、画角がどれほどのものなのかピンとこなかったので、SEL35F18と迷っていました。

 

とあるサイト(価格.comだった気がします)で、焦点距離50mmならキットレンズの望遠端と同じ画角だから、確かめられるというコメントを見たのです。

そこでキットレンズの焦点距離を50mmにしていろいろ撮影してみて、なんとか使えないことは無いかなと覚悟を決めた経緯があります。

 

それでも、やはりボケ具合は実際のレンズを使用してみないことには想像もつきません。

ということで、キットレンズとの比較をご紹介できればと思った次第です。

 

SEL1650をディスっているわけでは…

ちなみにですが、キットレンズSEL1650をディスりたいわけではありません。。。

 

SEL1650は沈胴式でとてもコンパクトでありながら焦点距離16〜50mmという標準ズームレンズとしての性能が確保されています。

ミラーレスカメラのコンパクトっぷりに非常によくマッチするレンズです。

 

このレンズがキットで付属していたからこそ、私はNEX-5Tを購入したのです。

 

 

以上でございます。

本エントリをご覧の方の参考になれば幸いです。