ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

TOEIC900点を超えを実現した勉強法【Eテレ】〜おとなの基礎英語〜

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20170930000306j:plain

私が実践した英語勉強法のご紹介です。

 

おとなの基礎英語 

 

Eテレで平日夜22:50〜23:00の放送です。

現在はシーズン6まで進んでいるようですが、私はシーズン2とシーズン3を視聴していました。

以下は、シーズン2とシーズン3についての体験談です。 

 

番組の趣旨

いわゆるお勉強のための番組ではありませんで、

  • 海外旅行など軽めのシチュエーションで必要なフレーズを勉強する
  • 基本的に中学校レベルの英語力で対応できる力を身につける

英語が得意でない人でも、とっつきやすい内容だと思います。

 

ちなみに私がこの番組を観ていた当時は海外旅行にすら行ったことがなかったので、予行演習のつもりで観ていました。

 

番組内容

  1. 数分程度のミニドラマが流れる
  2. ドラマ内の特定のシチュエーションで、こういう場面に英語でなんと言えば良いのか出題される
  3. スタジオの生徒役のタレントさんが回答
  4. ドラマに戻り回答を確認
  5. スタジオで先生が解説

 

ミニドラマについて

日本人が主役で、海外を舞台として様々なシチュエーションに遭遇します。

 

私が観たシーズン2、シーズン3はシーズンを通してのストーリー性があったので、英語の勉強という点を除いても、楽しみでした。

シーズン1放送当時はこの番組の存在を知らず、観ていません。

また現在はシーズン?まで放送が終了していますが、構成が変わっていると思います。

 

スタジオでの進行について

シーズン1からシーズン3は天然で明るいキャラの坂下千里子さんが生徒役でした。

アシスタントとしてネイティブの男性1名と女性1名がサポートするのですが、この2人もまた明るくハイテンションで、番組全体の雰囲気がとても明るく楽しさが伝わってきました。

 

ここが非常にオススメのポイントだと思います。

番組のとても明るい雰囲気が、次回も観たいという気持ちを生み出します。

結果的に、英語学習で重要な継続的な学習へと自然と導かれるという具合でした。

 

 

特徴

アウトプットの練習ができる

喋ることって難しい

TOEICのようなリスニング、リーディングとは違い、スピーキングに挑む際はなかなか言葉が口から出てこないで苦労しました。

たとえ単語や文法の問題を解ける知識があっても、こういう場面で何を言えばよいのか頭で考えて、口から発するには多少の慣れが必要だと実感しました。

 

実際に英語を喋る機会がなくても、この番組では、ミニドラマで用意された状況で何と言うべきか、スタジオの生徒役と一緒に考えることで、その練習をすることができます。

 

観てるだけじゃダメ

大事なのは、何と言うべきか自分の頭で考えることです。

漫然とテレビの画面を眺めているだけだと、回答が表示されますが、知識として吸収しづらいと思います。

一緒に考えて、間違えて、正解の解説を聴くというプロセスに能動的に取り組むことで、お題の内容がよく身につくことに繋がると思います。

 

リスニングの勉強になる

字幕はありません

ミニドラマは基本的に全編英語で進行します。

と言っても数分の長さですし、語彙も難しくないので、スクリプトがあれば理解は容易だと思います。

が、ミニドラマのスクリプトは画面に表示されません。

 

クセのある発音も

ミニドラマはアジア各国やオセアニア地区が舞台なので、ちょっとクセのある発音を耳にしました。

 

英語の勉強としてオーソドックスじゃない発音を聴くのってどうなのと最初は思いました。

ですが、実際に非英語圏へ旅行に出かけた際に触れるのはこういったオーソドックスではない英語なんですよね。

 

なので実はすごく実践的なリスニングの練習になると思います。

 

 スクリプトはどこで確認できるか

テキストを購入するとスクリプトが載っていますが、スクリプトがなくても理解できる内容ですので、スクリプトを参照せずにミニドラマを観るのが良いと思います。

 

英語を勉強することの楽しさを感じられる

ここまで述べた通り、TOEICの点数アップに即効性のある勉強法では無いと思います。

ですが、

  • スタジオの楽しい雰囲気
  • 海外旅行というわりと身近なシチュエーション
  • 海外の人と言葉を交わす楽しさ

といったライトな楽しさから、英語の勉強の楽しさや、何のために英語を勉強するのかという気持ちを湧き上がらせてくれます。

 

 

 

本当にオススメの番組です(でした)。

シーズン4以降は番組の構成や出演者が変わってしまったので、落ち着いたNHKらしい雰囲気になったと思います。

 

現在は、NHKアーカイブスのサイトでシーズン1かシーズン2を見れるそうです。

※私は確認しておりません

 

興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、幸いでございます。