ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

投資のゴールについて考えてみる

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20171009101549j:plain

投資においては目標を定め、その目標の達成に向けて必要な金額や利回り等を逆算することが重要だと、そこかしこで言われております。

 

理解してはいるものの、具体的に計画を立てるとなると少々億劫で、これまでないがしろにしてきました。

 

ですが、何事も計画を立てることはすべての始まりですので、ざっくりベースで考えてみることにしました。

 

試算してみる 

投資の目的について

アーリーリタイアを標榜しているので、そのために必要な資金を確保することを目的とします。

 

仮定

リタイア後の生活費は年間200万円

 

試算1

  • 20年後にリタイアする
  • 生活費の年間200万円は株式等の配当で得る
  • 年利3%の配当利回りの場合、200万円を得るには6667万円の株式等が必要

 

では、同じく年利3%でリタイアまでの20年間にわたり資産形成に勤しむ場合、どれくらいの資金が確保できるかというと…、元金500万円+毎月10万円の積立でも20年後は4200万円程度です。

 

この条件はなかなかの無理ゲーな気がしてきますね。

 

試算2

  • 20年後にリタイアする
  • 生活費のうち年間60万円は給与収入でもなく株式等の配当以外の何らかにより得る
  • 生活費のうち年間140万円(わかりやすく月12万円)は株式等の配当で得る
  • 年利3%の配当利回りで144万を得るには4800万円の株式等が必要

 

試算1と同じ条件で資産形成に努めても、やっぱり到達できません。

コレも厳しい感じですね〜。

 

アーリーリタイアの達成は容易ではない

ザルのような抜けの多い条件で試算しただけですが、実際に目標とする金額を仮定して計画を検証してみることで課題が見えてきました。

 

課題クリアに向けて

この課題をクリアするためには、

  • サラリーマンはやめるがそれ以外の収入の手立てを確保する
  • 投資による利回りを高める
  • 暴落時期に資金を集中投下し比較的少ない資金で資産形成を図る

などの手立てを講じる必要がありそうです。

 

昨今の、日経平均の20年ぶり高値、ダウ平均の連日の最高値更新などのニュースを見ていると、どうしても株価の大幅な下落を期待したくなってしまいます。

 

今できること

ということで、今できそうなことは、

  • 暴落時に備え現時点での資金投下は控えめにする
  • とは言え暴落のタイミングは事前に知り得ないのでコツコツ積み立てる

といったところでしょうか。

 

最近は何を考えても最終的に暴落期待に結びついてしまいます。

投資の計画については、ちょっと気分転換してから再度検討してみたいと思います。