ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

米国ETFの基本的な情報収集の方法

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20171022181842j:plain

現在のところ、私は国内の投資信託を積立購入しているだけのへっぽこ野郎ですが、将来的には米国ETFにも手を出したいと思っています。

銘柄選定は基本的に他のブロガーさんのコバンザメでやっていくつもりです。

自分でゼロから調査するのは手間ですし、他のブロガーさんがオススメを紹介してくれるので利用しない手はありません。


とはいえ、何事も自分で調べることは本質を理解する上で大切です。
また、友人知人にオススメを聞かれたときに、パクリ投資と正直に答えるのはちょと恥ずかしいです。

ということで、米国ETFの情報のかき集め方を簡単にまとめておきます。

以下では、Vanguardの高配当ETFであるVYMを例にご説明します。

Vanguard社のHP(日本)

まずはETF運用会社であるVanguard社日本の日本語サイトです。


Google検索でこちらへ
バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 個人投資家向けトップ



次にページ上部の商品案内タブ->バンガードETFを選択 f:id:FZ338i:20171022194858p:plain



VanguardのETFが一覧表示されるので、お目当ての商品を選択します。 f:id:FZ338i:20171022194910p:plain

すると、PDFファイルが表示されて、商品の情報を確認できます。
基本的にはこれでも十分なんですが、以下の点がイケてません。

  • 更新頻度が低い
    本日10/21時点で6/30の情報が表示されています

  • 価格・チャートを確認できない

  • 配当利回りを確認できない

これらは別の手段で確認する必要がありますね。

SBI証券の外貨建商品取引サイト

こちらは検索は簡単ですね。
キャプチャやリンクは割愛です。

価格、チャート、分配金の利回りも確認できます。
ですがトータルリターンを確認できません。

Vanguard社のHP(アメリカ)

こちらもGoogle検索で
Vanguard: Helping you reach your investing goals | Vanguard

ページ右上の検索ボックスにティッカーを入力して検索します。
最初に表示されるのはOverview(概要)のページです。 https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=0923&FundIntExt=INT#tab=0

SEC yieldが配当利回りだと思います。

リターンなどの情報は、Price & Performanceタブをクリックです。 https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=0923&FundIntExt=INT#tab=1

単語を調べ調べですが、トータルリターンは無いですね。

Yahoo! Finance(アメリカ)

VYM: Summary for VANGUARD WHITEHALL HIGH DIVIDEN - Yahoo Finance

こころなしか、見やすいです。
Chartでは他の商品や指数を比較表示可能です。

Performanceタブでは直近1ヶ月、3ヶ月、1年、3年…のリターンと、年単位のトータルリターンを確認できます。
このトータルリターンというのが、分配金再投資の条件かどうか分かりません。。。

Morningstar(アメリカ)

VYM Vanguard High Dividend Yield ETF ETF VYM Quote Price News

結局ここが一番情報量が多いと思います。

Performanceタブへ遷移し、チャートの右上のCompareボタンをクリックすると、比較対象とする商品や指数を追加できます。

f:id:FZ338i:20171022195920p:plain

ここで追加した商品や指数は同ページ下部のリターンのグラフにも反映されます。
なかなかすぐれものです。

MorningstarのTotal Returnは、配当や分配金の再投資を考慮した数値とのことです。(たぶん)
http://www.morningstar.com/InvGlossary/total-return.aspx

海外ETFへ投資では分配金を再投資に回すことでリターンの効果を高めることができます。
ですので、過去のTotal Returnを調べたいときはこのページが有用です。





以上が、私が今のところ把握している米国ETFの確認方法です。
投資先商品は先人の知恵を拝借(パクリ)しながら見繕うつもりですが、自分で調べたいこともあると思うので、こういったところを有効活用したいと思います。