ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

海外へ出かけるならソニー銀行のデビットカードをオススメしよう

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20180304184446p:plain

こんにちは。

キャッシュレス社会の到来をひそかに心待ちにしているごまカツです。

デビットカードの勃興

現金以外の決済手段といえば、クレジットカード、電子マネーが主流はですが、デビットカードの発行枚数も伸びています。

特に、クレジットカードの国際ブランドであるVISAの決済機能を利用する、VISAデビットが登場して以降、存在感を増しています。

というか、VISAデビット登場以前は、J-Debitという仕組みがありましたがパッとせず、私も1度だけ利用したことがあるだけでした。

VISAデビットとJ-Debitでその仕組に本質的な違いは無いと思いますが、VISAデビットの勃興はなぜなのか…。

話がそれました。

デビットカードの特徴

デビットカードは、クレジットカード同様に使用できますが、代金は銀行口座から即時で引き落としされ、口座残高を超過しての決済はできないという特徴があります。

そのほか、保険や補償の有無など、クレジットカードとは異なる点が多々あります。

ですが、クレジットカードと同じ感覚で使用できる点が、使用方法で迷う必要が無いのでわかりやすいので、普及の原動力の一つになっていると思います。

デビットカードは数多の金融機関から発行されており、年会費や還元率がそれぞれ異なります。

そんな中で、私がオススメするのはソニー銀行のVISAデビットです。 Sony Bank WALLET というサービス名で展開されています。

Sony Bank WALLET の特色

年会費無料

この点は説明不要ですね。 銀行によっては年会費1,000円なんてところもありますが…。

還元率は0.5%からランクアップ可能

基本は0.5%の還元率ですが、ソニー銀行が展開している優遇プログラムのランクに応じて還元率が上乗せされ、最大2.0%まで到達可能です。

ちなみに、還元方法は現金によるキャッシュバックで、月に1回口座に振り込まれます。

海外使用時に手数料なしで外貨預金口座から引き落とされる

ここが個人的な超おすすめポイントです。


通常、クレジットカードを海外で利用する際の為替レートは、基準レートに手数料相当の数%が上乗せされます。

Sony Bank WALLET では、あらかじめソニー銀行で外貨預金口座を開設して外貨を購入しておけば、購入済みの外貨で支払われるのです。決済時の手数料は無しです!

※支払い通貨と購入済みの通貨は、一致している必要があります。口座にドルだけある状態で、ユーロで支払い、という芸当には対応していません。


ソニー銀行の外貨購入時の手数料は当然必要となりますが、

  • 優遇プログラムの適用
  • キャンペーン実施

などがありますし、円高のタイミングであらかじめ購入しておくということも可能です。


私は頻繁に海外に出かける訳ではありませんが、数年前にヨーロッパへ出かける際にSony Bank WALLET を申し込み、持っていったところ、大変重宝しました。

空港や市中の外貨両替窓口ではボッタクリのようなレートが適用されることがあるので、そういったケースと比較すると、Sony Bank WALLET の威力は驚異的です。

近々海外に行く予定が無い方でも、念のため作っておいて損は無いと思います。



(楽天銀行のJCBデビットカードも有力)

ここまで書いておきながらですが、楽天銀行のJCBデビットカードはデフォルトで1.0%還元ですので、私は近いうちに乗り換える予定です。。。

頻繁に海外に行く、あるいは、普段からソニー銀行を利用していて優遇プログラムで高い判定を得られる場合はソニー銀行、そうでないなら楽天銀行って感じです。

ではでは。