ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

TOEIC900点を超えを実現した勉強法【Podcast】〜BBC Global News Podcast〜

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20171115225034j:plain

私が実際に実践している英語学習方法をご紹介するシリーズです。

本エントリで取り上げるのはこちらです。

Global News Podcast

Global News Podcast

  • BBC World Service
  • ニュース/政治
  • ¥0

ポッドキャスト専用に構成されたニュース番組です。

司会者がニュースを紹介し、リポーターが世界各地から詳細をお伝えするという海外ニュース番組でよくある形式です。

プログラムの特色

聞き取りやすいイギリス英語

プログラムの司会者やリポーターの多くはイギリスアクセントの英語で喋っています。

個人的な思いですが、イギリス英語はアメリカ英語よりも音をはっきりくっきり発音しているように聞こえるので、アメリカ英語よりも断然聞き取りやすいと思います。

こちらのプログラムの喋るスピードは普通に早いですが、イギリス英語ならではの聞き取りやすさが多少補ってくれるので、リスニング不慣れクラスタを脱却しつつある段階で聴くと、程よくストレッチがかかるので良いトレーニングになると思います。

反面、アメリカ英語に的を絞って学習したい方には、おすすめ度が若干低下します。

世界各地のニュースを取り扱う

Global Newsと銘打つだけあり、イギリス国外のニュースも豊富に取り上げています。

世界各国の時事ネタの収集にも有効ですし、イギリス一国の話題にとどまらないので、飽きが来ません。


なんとなくの印象ですが、大英帝国時代の旧植民地であるインド、ミャンマー、アフリカなどのニュースを聴く機会が、日本国内のTVニュース番組より多く感じます。

とくにインドのニュースは、イギリス国内に印僑*1が数多く在住していることもあり、週に何度も耳にします。

リポーターの英語は多少クセがある場合も

こちらは前項に関連しますが、ニュースリポーターは全員がイギリスの方ではないようです。

現地採用と思われるリポーターの方もいらっしゃるので、多様なアクセントの英語を聴くことができます。


TOEICのリスニングは米英加豪のアクセントが登場しますが、実際にはそれ以外のアクセントで喋る方も数多くいます。

特に、日本人が日本人英語と言われるように、英語を母語としない人たちが使う英語は非常に多様性に富んでいます。


このPodcastでは、そのような多様な英語に手軽に触れることができます。

まとめ

世界各地のニュースを、きれいなイギリス英語で、そしてたまに多様なアクセントの英語で聴くことができます。

私はかれこれ3年以上、通勤中に聞き続けており、自信をもってオススメできる一品です。

See ya!



*1:約145万人(2011年): Wikipediaより