ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

TOEIC900点を超えを実現した勉強法【英会話】〜Gaba〜

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20171218221848p:plain

数年前のことです。

突然インドに2ヶ月ほど行くことが決まりまして。

それまで外国の方とおしゃべりした経験なんてろくに無かったので、慌ててGabaに通うことにしたんです。

www.gaba.co.jp

英会話教室なので、TOEICのスコアアップには直結しません。

とは言え、英語4技能は互いに関連性があるので、TOEICスコアに全く影響が無いとも言えません。

Gabaを選んだ理由

マンツーマンだから

英会話教室に通うにあたっての絶対条件が、マンツーマンであることでした。

人前で英語喋るのに抵抗感があったので。(今でもあります)

共感してくれる方、いると思いますが、中学・高校の英語の授業で、忠実に発音するとクスクスってなっちゃうあの雰囲気の賜物だと思います。

日本の英語教育はそこを是正せないかんですね。

存在を知ってた&知り合いが通っていたから

マンツーマン英会話教室も数あれど、当時私が知っていたのがGabaくらいで、しかも同じ会社の知り合いが通っていたという話を人づてに聞いたので、まぁそこでいっかなという程度の気持ちでした。

受講したプランとレッスン内容

短期集中プランでちょっとだけお得に

ちょうど私が通おうと考えていた時期に、短期集中プランというキャンペーンを実施していたので、このキャンペーンを利用することにしました。

入会金とかがちょっと安くなるっていうプランでした。

このプラン自体が特定のレッスン内容と紐づくとかそういうものでは無く、レッスン内容自体は通常と変わらなかったと記憶しています。

サラリーマンならビジネス英会話でしょという軽い考え

で、実際に受講したのはビジネス英会話のコースです。

最初に体験レッスン?なるものを、冷や汗をダーッとかきながら受けることでレベル判定してもらいました。

結果、Lv3でした。

Lvは低い方から1で、最高でLv10だったかと思います。

レッスンの内容は、テキストに従い、特定のシチュエーションでの対応方法を学習するというスタイルです。

例えば、 * 会社にかかってきた電話を取り次ぐ、とか * 出張で海外でタクシーに乗車する、とか

このレッスンを受けたからと行って、ビジネスで普遍的に通用する英語力が身につくわけでは無いので、成果への過度な期待は禁物です。

Gabaを受講して感じた特色

丁寧に指導してくれる(インストラクターによるけど)

対面マンツーマンだけのことはあり、指導内容はとても丁寧です。

言い間違いや聞き間違いも丁寧に指摘してくれますし、テキストに記載されていない派生パターンなども指導してくれたりします。

ただ、インストラクターによる若干の差異はあるので、自分の感覚にマッチする講師を早いとこ探し出すのがよろしいかと思います。

多彩なインストラクターが楽しい

インストラクターはとても多彩です。

ネイティブもいれば、日本人を始めとした非ネイティブもいます。

アメリカ人でも出身地が多様で、アクセントの違いもあったりします。

これはとても重要で、今や英語はネイティブのためだけの言語ではなく、非ネイティブが使う英語も全てひっくるめて英語なわけです。

なので、ネイティブのきれいな英語だけではなく、癖の強いアクセントの英語に触れる機会も多々あるわけです。

(ま、自分の英語も、強いクセ側に分類されるはずですが)

つまり、レッスンとは言え、多彩なインストラクターによる多彩な英語に触れることで、実践的なリスニング力の向上が期待できるということになります。

※Gabaで言われたことの受け売りです。

英会話教室でのレッスン受講についての所感

レッスン受講したからと言って話せるようになるわけではない

Gabaに限らずですが、英会話教室に通ってテキストにそってレッスンを受けても、スピーキング力の向上に直結するわけではないです。

電話の受け応えや、タクシーの対応などテキストに書かれている内容で普段の仕事をこなせるわけでは無いです。

考えてみれば、いま自分がやっている仕事内容を全て日本語から英語に置き換えると仮定した場合、ほんの数十回のレッスンで達成できるはずもありません。

実はわたしはそこのところを思い違いしていて、英会話教室に通えばスピーキング能力がぐぐっと向上するのかなー、なんて甘いことを考えていました。

効果的なレッスン内容ってなんだろう

テキストに沿ったレッスンで過度な期待が禁物だとすると、スピーキング能力向上に効果的なレッスン内容は何かと考えてしまいます。

いまだにスピーキングが苦手な私の考えはアテにならない前提ですが、苦労して英語の文章をひねり出すプロセスを積み重ねることが大事だと思います。

最初はうまく行かずにフリーズして冷や汗をかくと思いますが、その経験があると、次はこう喋ろうって考えたり、他の人の喋りを真似しようと思えたりするはずです。

単純に、テキストに沿って喋っているだけでは、このようなキッカケを生み出せないと思います。

考えて喋ってみるというプロセスと、そこから湧いてくる改善しようという意思が大事だと思います。

決してテキストベースのレッスンをディスる訳ではありません。

電話の応対のような決まり文句でこなせるケースは、テキストベースのレッスンが効率的だと思います。

まとめ

Gabaはお高いけど丁寧な指導がウリ。

予算と時間に余裕があればオススメ。

レッスンの効果を最大化するために、どんなレッスン内容がふさわしいか相談に乗ってもらえれば最高だと思います。