ごまかしましょう 勝つまでは

主にお金について考えるブログです

TOEIC900点を超えを実現した勉強法【オンライン英会話】〜hanaso〜

SPONSORED LINK

f:id:FZ338i:20180215222835p:plain 以前、マンツーマン英会話のGabaを利用した件を書きましたが、今回はオンライン英会話の話題です。

<過去記事です>



hanasoを選んだ理由

オンライン英会話は数多く有りますが、望んでいた料金プランがあったのでhanasoを選択しました。

それは回数プランです。

オンライン英会話では1レッスン百数十円という謳い文句で宣伝されていますが、月6,000円〜7,000円で毎日1レッスン受けた場合に、1レッスンあたりの単価がそこまで下がるというプランが多いです。

毎日受講しなくても、月6,000円〜7,000円の費用が固定で発生します。

正直な話、フルタイムで働きながら平日も含めて毎日レッスンを受講するというのは、強い意志が無いと達成できないと思いまして。

であれば、受講回数が少なくていいので費用も抑えられるプランが望ましいと考えた訳です。

hanasoの回数プランは月8回で4,000円というものがあるので、こちらを選択しました。

土日に1レッスンずつ受講できればいいかな、という軽めのニーズを満たせるプランではないかと思います。

まぁ結局、月2〜3回しか受講しなかったわけですが…

レッスン内容

英文法のコースと、ニュースを題材にしたディスカッションのコースの2種類を受講しました。

英文法は敢えて英会話レッスンでやらなくてよかったかも

英文法、確かに必要だと思います。

でもせっかくのスピーキングの機会なので、テキストに沿って文法をおさらいするだけのレッスンは非常にもったいないと後で後悔しました。

ディスカッションのレッスンはスピーキング力のストレッチに最適

ニュースを題材にしたレッスンでは、短いニュースに関して講師から質問が投げかけられ、頑張って回答し、会話のキャッチボールを深めていくというものです。

コレが、英会話初心者にはかなりしんどくて(涙)

慣れないうちは、これは英語でなんて表現すれば良いのかとんと分からず、なんとか知っている単語を並べてしどろもどろになりながら会話を試みる状態でした。

個人的にはスピーキング能力向上に大きく資するレッスン内容だと感じました。

やっぱり喋ってなんぼです。

マンツーマン英会話(Gaba)と比較して

メリット

安い

フィリピン人の方が講師を務めるスクールがほとんどですので、必然的に価格は抑えられます。

受講時間・場所の自由度が高い

早朝でも深夜でもネット環境さえあれば受講できますし、自宅でも旅行先・出張先のホテルでも受講できます。

デメリット

言い回しの修正はあまりしてくれない

自分が喋ったフレーズが英語として妥当な表現なのか、あまり指摘や修正をされることがありませんでした。講師によって違うかもしれません。

留意すべきポイント、気になるポイント

Skype通話品質は問題ない

オンライン英会話はSkypeでレッスンを実施するところがほとんどだと思います。

通話品質が気になりましたが、特に問題はありませんでした。

講師の実働人数は多くない

hanasoに限らずですが、ホームページで紹介されている講師も全員が稼働しているわけではなく、中には休眠状態の講師もいるようだったので、体験レッスンなどで講師の選択状況を確認するのが良さそうです。

受講効果を高めるために必要なこと

レッスン内容の復習

レッスンを受講すると、こういうケースでどういう言い回しがふさわしいのか分からず、自分でもよくわからない単語を発してその場をしのいでしまうことがありました。

レッスン後にそういった場面を振り返って、妥当な表現をあとから確認することができれば、レッスン中の教訓を活かすことができると思います。

※私はこんな真面目なことはしていませんでした。

講師には当たり外れがあると割り切る

講師は生身の人間ですので、性格や話し方、自分との相性など多様な面で当たり外れがあります。

受講回数を重ねれば自然とフィーリングの合う講師を見つけられると思います。

あるいは、敢えて当たり外れを気にせずレッスンを予約するのも有りだと思います。

現実では話す相手を選択することはできないですから、好き嫌いしないという訓練も可能です。



さて、オンライン英会話の紹介はこんなところです。

興味があればまず体験レッスンを受講してどんなもんかドーンと飛び込んでみることをオススメします。